血液型ダイエットでビールをやめてワインに変える

健康

血液型ダイエットはご存知ですか?
血液型ダイエットとは、血液のタイプ(A,B,AB,O)と免疫のタイプによってその人に合った食材合わない食材を判別し、健康にダイエットするというダイエット法です。
その解説本を読んでいると、子供の頃から本能的に嫌いだった食材が自分に合わないことがわかったり、嫌いではないが食べた後胸焼けがひどい食材や、一度食べると逆に中毒のように食べ続けてしまう食材などが、やはりNG食材だったりしました。
いずれその内容はブログ記事にまとめようと思っています。
少々お待ちください。

ぼくは半年くらい前にたまたま知って、それ以来食生活に気をつけるようになっていました。

もともと血液型ダイエットに近い食生活だったので、特に変更することもなくいます。
ただ、ひとつだけNG食材?のものをやめられないでいます。

それはビールです。

血液型ダイエットでは、O型は麦類の大部分がダメ

さきほど「一度食べると逆に中毒のように食べ続けてしまう食材」と書きましたが、これにはパンやパスタなどが該当します。
O型は麦類のほとんどがNG食材なのです。
例外はライ麦。

そして麦が原料のぼくの大好物はビールなのです。
とくにエール系のクラフトビールには目がなく、旅行に行くとクラフトビール屋を訪問するのが楽しみです。

正直に告白しますと、ぼくは毎日ビールを1.5L飲んでいます。
さすがにクラフトビールではありません、クラフトビール を毎日1.5Lだと高額すぎてあっという間に小遣いがなくなってしまいますw

ここ1年でビールを全く飲まなかった日は、蕁麻疹が出てドクターから「服薬中はダメ」と止められた数日と、海外旅行で風邪をひいて3日ほど(美味しいと感じず)飲めなかったときくらいです。
風邪の時も、美味しくないから飲むのがもったいないだけで、飲めと言われれば普通に飲んでいたと思います。

幸い、肝臓はいたって丈夫なようで、血液検査の値は極めて健康を保っています。

ただ、朝の起床時に気怠い感じがしてすっと起きられないことが悩みです。
もしビールをやめることで改善するなら、と思い今日からビールをやめてみることにしました。

O型に合っているアルコールは赤ワイン

O型のぼくは夕食時にはコメやパンの類は食べません。
魚・肉類と野菜だけの食生活がすでに20年ほど続いています。

この食生活にアルコールなしは正直つらいものがあります。
血液型ダイエットの著者であるタダモ博士によると、O型に合っているアルコールは適量の赤ワインだけとのことでした。

適量がどの程度かは明記されていなかったので、今日からは赤ワインを少々いただくことにします。

今夜は青身魚の昆布締を食べる予定なので、はたして相性はどんな感じか気になっています。

おいしいワインの選び方は

ぼくが住んでいるマンションの住人に、とある大学院大学の学長がいらっしゃいます。
町会の新年会でご一緒するくらいなのですが、そのときにいろいろワインにお詳しいことがわかりました。

学長さんですから、会合や接待に呼ばれて1本数万円のワインも時々お飲みになるそうです。
でも日常酒はそんな高額なものはお飲みになっていない、(高額で)飲めないとおっしゃっていました。
安くて美味しいワインを選別しているからだそうです。

残念ながら、そんな選別眼はぼくにはありません。
その学長さんに、素人でも外さずに美味しいワインを選ぶ方法を聞いてみました。

答えはいたってシンプルでした。

「ベルーナで買いなさい」

え、ベルーナって洋服の通販のあれですか?
どうやらそのようです。

ベルーナの「マイワインクラブ」は安くて美味しいワインが揃っている

ベルーナの「My Wine Club(マイワインクラブ)」にはキッチリとセレクトされたワインを10本や12本のセット販売があるそうです。
それを何回か試して自分の好みを見つけるのがいいというのが、件の学長さんの弁。

なるほど、はじめは自分で選ぶのではなく、プロが選んでくれたものを試すんですね。

学長さんによると、いまでも定期的に注文しているそうですが、ハズレのワインが入っていたことがないというのです。
それは期待が持てます。

サイトを見てみると、たしかに10本で5980円とか12本で7280円などの買いやすい価格のセットが何種類も用意されています。
おそらく実店舗を持たないのでコストが抑えられているのでしょうね。

ワイン初心者のぼくは、今回は人気ナンバーワンのセットを注文してみることにします。

タイトルとURLをコピーしました