EF イングリッシュライブで日常生活に英語を取り入れる

学び

仕事柄、年に何回かは海外に出かけます。
だけど英語は苦手。
仕事での滞在期間のうち、はじめの1〜2日はどうしても口から言葉が出ない。
それが3日目、4日目と日が経つうちに、だんだんと話せるようになってくる。

こんな体験を毎回しています。

つまり、日常的に英語に触れていると脳がだんだんと対応してくるんでしょうね。
だから日常的に英語に触れる時間を確保しなくては、と思う今日この頃です。

そこで注目なのが自宅でレッスンが受けられるオンライン英会話。
特に注目なのが「EFイングリッシュライブ」です。

EF English Live とは

オンライン英会話スクールのご紹介です。
「EF English Live」はEF Education First社が運営する世界最大規模のオンライン英会話スクール。
1965年スウェーデンで創設されたEF Education First 社は語学学校運営や文化交流、海外留学の仲介など幅広く事業分野を事業内容とするグローバル企業です。

ネイティブ講師によるオンライン英会話

オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー

EF社はソウルオリンピック(1988年)を皮切りに、オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー契約を結んでいます。診断テストや語学トレーニングでオリンピックを支えるボランティアスタッフの英語力向上にも関わっています。
もちろん東京オリンピック2020でもオフィシャルパートナーです

  • ソウル1988オリンピック 公式語学学校      
  • 北京2008オリンピック 公式語学トレーニングサービス・サプライヤー
  • ソチ2014冬季オリンピック・パラリンピック 語学トレーニングプログラム公式サプライヤー
  • リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック 公式言語トレーニング提供  
  • 平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 公式教育サービス・スポンサー
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルパートナー (語学トレーニング)

1500社以上の企業が企業研修として導入

ANA、NEC、McDonalds、トヨタ、P&Gなど、国内の多くの企業が社内研修の一環としてEF English First社の研修を受けています。

ネイティブ講師にこだわったカリキュラム

ネイティブのように英語を操りたい。
これは多くの日本人の望みです。
でも実現するには、より多く聞き、より多く話し、より多くチェックしてもらい、そして修正していく必要があります。
これらはネイティブしかできないこと。

わたしの友人の中国人女性はずいぶん長く日本語を勉強しており、確かに日本語が上手です。
しかし、イントネーションや発音などに「あれ?日本人じゃないな」と気づかせる何かが混じっています。
これは私たちが日本語ネイティブだからだと思います。

つまり、正しい発音を聞き、正しい発音をまねて話し、チェックして、修正する。
こんなプロセスが語学学習には必要なのです。

EF English Liveをおすすめする人

毎日45分以上、オンライン講座を受講できる時間に比較的余裕がある人に向いています。
多くのオンライン英会話では1セッションが25分程度ですがEF English Liveでは45分とほぼ倍の時間。
そのため、日常生活の中にそれだけのまとまった時間を確保できなければ無駄になってしまいます。
とはいうものの、24時間いつでも毎時00分からと30分からセッションが始まりますから、夜遅く帰っても大丈夫ですし、場合によっては早朝レッスンなども可能。
逆にいうと、柔軟に物事に取り組める人に向いていると言えるかもしれません。

グループレッスンは1回あたり45分
他社は25分程度
毎時00分と30分からスタート
15分前までにエントリー
予約は不要

マンツーマンレッスン(20分x8回/月)
月8回=1週間で約2回
24時間前までに予約が必要
有資格者による個別指導

EF English Liveの良い点

予約なしで受講できる

マンツーマンレッスンは24時間前までの予約が必要ですが、グループレッスンは面倒な予約は不要です。
グループレッスンのスタートは毎時00分と30分と決まっているので、急に時間が空いたりしても大丈夫。
柔軟に受講できます。

予習が不要

レッスンの教材は毎日変わります。
インストラクターはその日のレッスン内容を授業中に説明しながら進めていきます。
したがって、レッスンの前にあらかじめ内容を確認することはできません。
また実際のレッスンの中でインストラクターが文字を入力したり解説を追加したりするので、授業が終わってテキストが完成する、そんなイメージかもしれません。

多国籍なメンバーでレッスンが行われることも

実は生徒もインストラクターも世界中に住んでいます。
そのため時間帯によって一緒に受講する他の受講生の国にばらつきがでてきます。
たとえば、中南米の受講生が多い時間帯だとスペイン語なまりの英語を聴くチャンスですし、アジア人の話す英語との違いに驚くことになるでしょう。
チャンスがあれば、いろいろな時間帯に受講してみてください。

24時間いつでも受講できる

これぞまさしくオンライン講座のメリットだと思います。
24時間いつでもレッスンが受けられることが。
自分の生活リズムを無理に変えることなく続けられます。

固定のレッスンフィーだから安心

料金は完全固定の7900円+税(入会金・教材費はかかりません)。
自由選択の「ビジネス英語」や「業界別英語」、「TOEIC対策」などを選んでも料金は変わりません。
支払いはクレジットカードでの月謝制なので振込等の手続きも不要です。

ほぼ全ての講師がネイティブスピーカー

オンライン英会話では費用を抑える目的と昨今の人手不足の問題から非ネイティブの講師が多数採用されています。
彼らはもちろん英語は上手ですが、ネイティブと非ネイティブの間には差があることは否めません。
上級になれば細かいニュアンスが気になることもあるでしょう。
そんな時、やはりネイティブスピーカーとなるでしょう。

EF English Liveの料金体系

月額7900円+税(合計8532円)

ビジネス英語、TOEIC対策など、どれを選択しても安心の固定料金です。

さらに1週間の無料体験ができます。
実際に体験して、それから続けるかどうかの判断ができます。

ネイティブ講師のオンライン英会話EF English Live

無料体験から正式契約の手続き

これは何もしなくて構いません。
いたずら等の防止の目的と本人確認を兼ねて、無料体験を申し込む時にクレジットカードを登録します。
無料体験期間中に解約の手続き(オンラインからできます)をすれば、課金されることなく契約解除となります。

継続する場合は、解約手続きをしなければ自動的に本契約に移行します。

解約方法

どうしても自分に合わない。
続けていくのがむずかしい。

解約方法はいたって簡単です。
レッスンサイトにログインして自分の個人ページから解約するだけ。
無料期間中なら手数料や違約金などは課金されることなく解約できます。

まとめ

月額7900円でネイティブスピーカーの講師のレッスンを受けられるEF English Live。
自分の生活リズムに取り入れてみてはいかがでしょうか。

訪日客が急増している昨今、英語を喋れるのと喋れないのでは日常生活の幅が変わってくるのは間違いありません。

もちろん海外旅行も気軽に行けるようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました